キャリア

1992年出版社へ入社し、版下製作時代からキャリアをスタートさせる。

やがてマッキントッシュとの出会いから、DTPにも興味を抱き、独学。

主要アプリケーションの扱いとともに、フォント、出力など多方面での知識を深める。

出版社のDTP化にあたっては機種の選択、導入、出力先印刷会社の選定、及び、社内でのワークフローの制定、デザイン部の発足を主導。

2000年には、海外での印刷発注プロジェクトを発足させ、

台湾にて、日本語出版物の印刷を試みる。現地印刷会社との折衝、出荷、シッピング、輸入業務などを体系化。

月刊誌の現地での印刷〜船便でのインポート〜国内流通の流れを構築する。

デザイナー&アートディレクターとして関わった主要雑誌は、月刊サーフィンライフ、オンザボード、ゴルフトライ、ラニハワイ、ダイビングワールド、ウェイクボードマガジン、カーブマガジン、スレッドマガジンなど多数。

広告制作、ページ製作などで関わった出版物として、月刊スノースタイル、月刊ダイビングワールド、月刊ハイウインド、アクアライフ、バイザシー、ボディボーディングフリッパー、ビーチコーミングなど。

2002年独立後は、サーフィン撮影、商品撮影にも本格的に開始し、日本各地を取材で回りつつ、デザインを行う.

今でいうノマドワーカーの草創的な活動を行い、モバイルの可能性を追求し、フットワークの軽いデザイナーを目指す。

独立後も前述のメディアとの取引を直接行いつつ、横ノリ業界に拘らず幅広いデザインをおこなう。

 

EPSON009EPSON010

 

上記は昔、DTPワールドという雑誌で、取り上げられた時の記事。今はこの雑誌もなくなり、DTPという言葉も過去のものに。